読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒花草

マンガ、アニメ、ゲームなど、好きな作品に関するレビューを中心に、生活やビジネスのこともつらつらと…。自分の「好き」を少しでも多くの人と共有できたら嬉しいです。

3000回目の早寝早起きチャレンジ【目指せ朝型人間】

タイトル:3000回目の早寝早起きチャレンジ【目指せ朝型人間】

 

 突然ですが私、超夜型人間です。普段はAM4:00就寝、11:00起床みたいな生活です。たまに早朝バイトとかで7時頃に起きたりもするのですが、そうすると午前中めちゃくちゃ調子が悪く、その日のパフォーマンスがむしろ下がってしまいます…。いやーもはや体質的に夜型なんですね…。

「でも! 4月から社会人になる人間がこれではアカン…。」

という事で、以前から挑戦と挫折を繰り返してきた早起きチャレンジに再度挑みたいと思います…。メリットと実践する行動を明確化し、モチベを保ちます…。

 

そもそも(私にとっての)早寝早起きのメリットとは何か

1.社会のリズムに対応できる

 「正午から始まるよ!」なんて会社はめったにないですからね…(笑。世の中が朝方生活を求めてくる以上、それに対応しないわけにはいきません。朝の時間に余裕があれば、心にもゆとりが生まれてきそう。

 

2.早朝の電車は空いてる

 都内勤務とかになった時は、こういうメリットもありますね。混雑する時間帯を回避できます。

 

3.なんか気分がいい

 健康な生活をしてる感じがして、精神衛生上良さそう(こなみ)。

 

4.作業効率が高まる?

 夜に疲れた頭と体で作業するより、朝のリフレッシュした状態で作業した方が、効率いいのでは?ってやつですね。

 

5.肌とかの調子が良くなる

 成長ホルモンが分泌されるのが22:00~2:00らしいので、それが理由で肌とかも調子が良くなるらしい。清潔感、大事ですね。

 

 

早寝早起きのためにやってみる習慣リスト

※聞きかじった情報を筆者なりにアレンジしているだけなので、信憑性の程は定かではありません。

1.夕食は就寝3時間前まで、風呂は就寝2時間前までには済ませる

2.寝る直前はスマホ等の使用を控える。

3.朝になんか良いものを食べる日を設ける

4.夜遅くまでかかる予定は控える。仕事はとにかく朝夕で片付ける!

5.飲み会は減らす(そもそもそんなに好きじゃないけど)

6.寝る1時間前からPC使用も控え、読書などにあてる(ネットから離れる)

7.寝る1時間前辺りから空間を暗めにしていく(できれば間接照明)

8.起きてすぐ、日の光を浴びる

9.寝る前に、翌日のタスクの大まかな整理をする

 

 

おわりに

 早寝早起きだけでなく、筋トレも習慣化したい。なんか知らんけど健全な生活に餓えてますねボク…(笑。効果のほどはわかりませんが、有言実行の男になれるよう頑張ります!

 最終的には7時間30分睡眠で23:00就寝、06:30起床を目指します。