遺跡船海遊記

マンガ、アニメ、ゲームなど、好きな作品に関するレビューを中心に、生活やビジネスのこともつらつらと…。自分の「好き」を少しでも多くの人と共有できたら嬉しいです。

Googleアナリティクスとは何か【便利な無料アクセス解析ツール】

 

 「アクセス解析の鉄板ツールとしてGoogleアナリティクスなるものがあるらしい…。しかしこのツールで何がわかるのか、何に役立つのか、まだイマイチ理解できてない…。」

 そんな方向けに、今回はGoogleアナリティクスの概要をまとめていきたいと思います。

 

f:id:tsnormin:20170313182129j:plain

 

Googleアナリティクスってそもそもどんなツール?

 Googleアナリティクスとは、グーグルが提供しているアクセス解析のツールであり、以下のような特徴があります。

 

・無料で使える

 グーグルのアカウントさえ作ってしまえば、基本的に無料で利用できます。この手軽さは大きな魅力ですね!(ただし、一部有料のサービスもあります。)

 

・高性能

 Googleアナリティクスは数あるツールの中でもトップクラスに機能が多く、様々な分析を行うことができます。さらに、カスタマイズによる機能追加や、グーグルの他のサービスとの連携なども可能となっています。

 

・メジャーである

 世界で最も多く使われているアクセス解析ツールと言われており、数ある解析ツールの中でも高いシェアを誇っています。そのため、解説サイトなどから情報を仕入れやすいというメリットもあります。

 

・解析を助けてくれる併用ツールの存在

 Googleアナリティクスはその機能性の高さゆえに、使いこなすのが難しいという意見もあります。しかし、その欠点をフォローし、サイト運用者に新たな知見をもたらしてくれる頼もしい併用ツールが存在するのもまた事実。これも高いシェア故と言ったところでしょうか。

 

 

 以上より、Googleアナリティクスには性能の高さ、シェアの多さ、基本無料の手軽さなど様々なメリットが存在します。他にもアクセス解析ツールはたくさんありますが、これらの利点を考慮すると、Googleアナリティクスが最も使い勝手の良い解析ツールと言っても差し支えはないでしょう。

 

 

▼何のために使うの?

 Googleアナリティクスはどんな目的で使用するのか。簡単に言ってしまえば「アクセス解析をしてサイト改善に繋げるため」です。「ウェブサイトからの購入者数をもっと伸ばしたい。」「集客のためにはどんな広報が効果的なのか…。」等々、サイトを運用しているとコンバージョンアップのための様々な悩みが出てくると思います。

 こんな時、まず必要となるのはユーザーの特性やサイトでの傾向を示した多種多様なデータです。では、Googleアナリティクスがもたらしてくれるデータとは具体的にどのようなものなのか?次の章ではそれを見ていきたいと思います。

 

 

▼どんな情報が得られるの?

 Googleアナリティクスは高機能ゆえに得られるデータが非常に多く、使い始めたばかりだとどこの注目すればいいのか困惑してしまうことがしばしばあります…。そこで今回は、「ここだけは!」という5つの要素を紹介します。

 

①ユーザーの基本情報

 実際のページを見ながら確認していきましょう。

・セッション:サイトへの訪問数を指します。同じ人でも測定期間に8回来てくれたらその分のセッション数は8となります。

・ユーザー:サイトを訪問してくれた方々の人数です

・ページビュー数:サイトの中で見られたページの数を表します。

直帰率:「全体のセッションのうち何%が直帰したか」を表します。「直帰」とは、1ページだけ見てサイトから去ってしまうことを指します。

 

f:id:tsnormin:20170313182233j:plain

 

 

②どのデバイスから来てくれているか

 スマホ向け・PC向けだとサイトのデザインなどもかなり変わってきますよね。「スマホ向けにサイト作ってたのにユーザーの90%がPCから来てた…。」なんてことになったら費用対効果もすこぶる悪いです。そうならないためにも、ユーザーが使うデバイスはチェックしておきましょう!「レポート>モバイル>サマリー」で概要を確認できます。

f:id:tsnormin:20170313182256p:plain

 

 

③ユーザーがどうやって来ているか

 ググって来てくれたのか外部サイトのリンクから飛んできてくれたのか…。ユーザーの訪問経路も確認しておきましょう。

見慣れない英単語がたくさんあって少し混乱してしまいますね…。いくつか説明しておきます。

・Organic Search:GoogleYahoo!などの検索エンジンから

・Social:Facebookなどのソーシャルメディアから

・Referral:外部サイトのリンクから

・Paid Search:リスティング広告から

f:id:tsnormin:20170313182327p:plain

 

 

④ユーザーが初めに来たページ(ランディング)はどこか

 何事においても第一印象はとても大事です。ランディングページを知ることでサイト運用者はどのページを最適化すべきかの指針を持つことができます。

 

 

⑤コンバージョンに関して

 コンバージョンレポートを見ることで、あなたが設定した目標に対する達成度合を確認できます。商品の申し込み数、オンラインでの登録者数など、こまめな目標設定と確認、改善を繰り返すことでPDCAサイクルを回していきましょう。

 

 

▼おわりに

 いかがだったでしょうか。無料なので、少し興味のある方は入れてみるもの一興かと思います。もちろんはてなブログにも導入できますよ!