物語の可能性を追求するブログ。

おすすめのコンテンツを自由気ままに発信していきます。自分の「好き」を少しでも多くの人と共有できたら嬉しいです。

はじめてのポケモンバトル観戦【入門//ポケモンたちの熱闘を楽しもう】

 WBCやW杯最終予選でスポーツの話題には事欠かない今日この頃ですが…。たまにはゲームの観戦もいかがでしょうか。実際のスポーツと同じくらい熱く、知的なバトルを楽しむことができます。

 格ゲーやFPSなどゲームにも様々なジャンルやソフトがありますが、今回紹介するのはポケモンバトルです。ネット環境の整備により、今や自宅に居ながら世界中のポケモントレーナーとのバトルが可能になり、その戦いは実況者を通じてYouTubeやニコ動で日々配信されています。

 

 私は金銀世代で、その頃はバトルや育成にそこまでの戦略性を感じていませんでした。しかし、現在は育成も複雑になり、パーティ構築や技、持ち物、特性など考慮する事項が増え、ポケモンバトルはタクティクスのぶつかり合いの様相を呈しています。(長年ポケモンをプレイしてきた方々から見れば「何を今さら(苦笑)」って感じだと思うのですが。)

 

 今回はそんなポケモンバトル観戦の導入として、おすすめ実況者と用語を記事にまとめてみました。これを機にあなたもぜひ観戦してみてくださいな。

f:id:tsnormin:20170314164015j:plain

 

 

▼個人的に好きな実況者さん

No1041 さん

 私が一番好きな実況者です。この方の動画は本当に本当に面白いです…!!

箇条書きで申し訳ないのですが、以下のような成分にビビっと来る方におすすめです。

 

ロケット団員が使用したポケモンのみを使用する縛りプレイ

・【重要】豊富な語彙から繰り出されるユーモアの数々。(主に下ネタ)

・他の実況ではなかなか見ることのできないマイナーポケモンたちの活躍

・ネットなどで有名な育成論とは方向性の異なる、予測不可能な独自の育成と構築

ポケモンが技を外したりしても決して怒らない、落ち着いたプレイング

・散っていくポケモンたちに感謝の意を忘れず、労りの言葉をかけるジェントルマンシップ

・決して性能の高くないロケット団ポケモンで厨ポケを撃破する、圧倒的なスキルと経験値の高さ

・視聴者を飽きさせないトーク力の高さ

・編集が凝ってる

・イケボ

・更新ペースは今のところ月1くらいだと思います。毎回楽しみです。

 

〇詳細↓

ロケット団員No1041とは (ロケットダンインナンバーセンヨンジュウイチとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

〇参考動画↓

 

 

あゆみん さん

 上記のNo1041さんとはまた違ったタイプの実況者さんですね。こちらも箇条書きで失礼します。なお、動画タイトルにある「レート2500」というのはネタです。

 

・読みや戦略の深さが凄い。経験値の高さから来る直観のようなものもあるのかもしれないが、どちらかというとしっかりとしたロジックで相手を詰めていくタイプに思えます。普通に勉強になる。

・動画更新ペースが早い

・自虐ネタが面白い

・嫌味の無い、落ち着いたトーク

・数々のマイナーポケモンを駆使。

・しかし、重要な局面で運が無かったりする…。

 

〇詳細(??)↓

あゆみん(実況プレイヤー)とは (アユミンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

〇参考動画↓

 

 

 

ポケモンにちょっと不慣れな方向けの用語集

 久々にポケモンに触れる人が「ん??」となりがちな用語をまとめました。技や特性なんかは何度か仕様変更がなされていますが、基本的には第7世代(サン・ムーン)、すなわち最新版に準拠しています。

 

▽育成

種族値個体値努力値

 各個体の能力(HP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさ)を決める重要な指標です。詳しくはこちらのサイトを読んでいただければと思います。

個体値・努力値とは? - ポケモン徹底攻略

 

 めっちゃザックリ説明すると、

種族値:種族ごとに設定されている能力の値。例えば、ピカチュウは各個体に関係なく「ピカチュウ」という種族で能力値が設定されている。すなわち種族値に関しては野生のピカチュウもサトシのピカチュウも同じ。

 

個体値:その名の通り、各個体ごとの能力値の違いを指す。親からの遺伝も可能。ヒトで例えるなら、同じヒトという種族でもタナカ君は勉強が得意で、スズキ君はスポーツが得意で…みたいな感じ。

 

努力値ポケモンバトルなどで稼げる、経験値とはまた別の特別な数値。個体値種族値が先天的な要素だとするならば、努力値は後天的な要素。

 HP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさどれにでも伸ばすことができ、尚且つ全体で伸ばせる数値の限界が決まっているため、各トレーナーの個性が出やすいところ。同じポケモンでも育成方針によって伸ばし方(「値の振り方」とよく言われる)が全然違ってくる。

 

みたいなイメージです。

 

HABCDS

 久々にポケモンに触れる人がたぶん一番戸惑う用語。意味は結構カンタンで、それぞれの能力値のことを指しています。H(HP)、A(こうげき)、B(ぼうぎょ)、C(とくこう)、D(とくぼう)、S(すばやさ)となっています。

使用例:「HBにかなり振っているので、こんな攻撃は余裕で耐えます。」

 

調整

 特定のポケモンの特定の能力値を抜いたり、確定1発で相手を倒したり、相手の攻撃を何発分耐えたり…、と言った感じで能力値を調整すること。レート戦上位で頻繁に用いられるポケモンはだいたい決まっているので、こうした細かな調整も重要になってくる。

 

600族

 合計種族値が600に達する一般ポケモンのこと。全シリーズ通して数匹しかおらず、基本的にかなり強い。そしてカッコいい。

詳しくはこちらを参照

600族 (ろっぴゃくぞく)とは【ピクシブ百科事典】

 

▽戦闘全般

タイプ一致

 ポケモンのタイプと技のタイプが一致していることを指す。この場合、技の威力は1.5倍になる。

 

積み技

 「つるぎのまい」や「めいそう」など、特定の能力値を上昇させる技。うまく決まると1匹で3タテも出来たりする。ちなみに1度フィールドから引っ込むと、能力値の上昇や下降は全て元に戻る。

 

(積みの)起点

 ローリスクで積み技をさせてくれる(相手)ポケモンのこと。能力値が著しく下降している、タイプ相性や攻撃力的に攻撃をもらっても大してダメージを喰らわない、などの場合、自分のポケモンのHPをあまり減らすことなく安心して積むことができる。

 「いかに起点を作って積みアタッカーへと繋ぐか」はポケモンバトルにおいて重要な戦略になったりする。

 

受けループ

 耐久力の高いポケモンを回しつつ、相手の攻撃を耐えて競り勝っていくスタイルのこと。

 

自覚

 運要素が少なからず勝敗を左右するポケモンバトルにおいて、確率論的に低い事象が起こった時に用いられる。ポケモンの個性のように語られるが、そんなことはない。

使用例:

「2連続で急所に当てるなんて、このポケモンは自覚の塊だ。」

きあいだま外しすぎ。コイツほんと自覚無いな。」

 

やけど

 状態異常の一つ。ターン終了ごとに、最大HPの1/16が減少する。また、ぶつりわざで与えるダメージが0.5倍になる。

 そのため、物理アタッカーのポケモンはやけど状態になると機能停止に陥りやすい。

 

まひ

 状態異常の一つ。1/4の確率で技が使えない。また、すばやさが1/2になる。

 

▽もちもの

ポケモンwikiを参考にさせていただきました。

ポケモンWiki

 

タスキ

 「きあいのタスキ」のこと。耐久力の無いポケモンによく用いられる。HPが満タンのとき、一撃でひんしになるダメージ、もしくは一撃必殺技を受けてもHPを1残して、持ちこたえる。ただし1度効果を発揮するとなくなる。

 

ハチマキ

 「こだわりハチマキ」のこと。ポケモンに持たせると、最初に選択したわざしか使用できなくなるが、こうげきが1.5倍になる。

 

スカーフ

 「こだわりスカーフ」のこと。持たせると、最初に選択したわざしか出せなくなるが、すばやさが1.5倍になる

 

チョッキ

 「とつげきチョッキ」のこと。持たせると、攻撃技しか出せなくなるが、とくぼうが1.5倍になる。

 

ゴツメ

 「ゴツゴツメット」のこと。:直接攻撃の技を当ててきた相手のHPを最大HPの1/6分減らす。物理受けのポケモンによく持たせられる。

 

きせき

 「しんかのきせき」のこと。最終進化前のポケモンに持たせると、ぼうぎょ、とくぼうが1.5倍になる。ポリゴン2などが有名。

 

○○(タイプ名)Z

例:デンキZ、ミズZ

 サン・ムーンから導入された「Zワザ」を撃つためのアイテム。スマブラで言うところの「さいごのきりふだ」のようなもの。

 

○○(ポケモン名)ナイト

例:メタグロスナイト、ルカリオナイト

 ポケモンメガシンカさせるためのアイテム。

 

▽その他

レート戦

 レートポイントを巡って世界中のトレーナーと戦うバトルのこと。

詳しくはこちら  

レート対戦・フリー対戦とは | ポケットモンスター サン・ムーン(ポケモンSM)攻略情報 | 神ゲー攻略

 

厨ポケ

 対人対戦で特に強いポケモンたちのこと。何が廚ポケかは個人の判断による。

詳しくはこちら

厨ポケとは (チュウポケとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

 

観てるだけじゃなくて実際にやってみたい

 観戦してると実際にやってみたくなるのが人の性ってもんですよね。ちょっと初期費用はかかりますが、スポーツ始めるよりはハードルが低い気がします(笑。

 今は他の上手い方のパーティをレンタルできる制度なんかもあるので、私のような初心者でも気軽にバトルを楽しめるようになっています。と、言っても私は少々のレート戦とバトルツリー50連勝で力尽き、今はすっかり観る専ですが…(笑。

 

 CMで話題にもなっていますが、第7世代のサン・ムーンが絶賛発売中。よかったら手に取ってみてくださいね。皆さんもポケモンやりましょう!笑