物語の可能性を追求するブログ。

おすすめのコンテンツを自由気ままに発信していきます。自分の「好き」を少しでも多くの人と共有できたら嬉しいです。

この競争社会から離脱した先の話。

そんなに暗い話をするつもりもないのですが(笑。

なんか最近、「他人との競争が嫌」という自分の心境に自覚的になってきました。

 

流されるままに

高校受験を頑張って市内トップの高校に入り、

大学受験で1日10時間勉強の苦行に耐え、

現役での合格に失敗し(笑、

1浪してなんとか都内の某国立大学に合格し、

「やっと終わったな~」なんて思ってたら就活に向けての活動が始まり、

各種マウンティングがSNSで行われ、

就職先の労働条件やらブランドやらで勝ち組負け組だののガヤを入れられ、

就職したらしたで出世競争が始まって…

 

なんだこれ…。

いつ終わるんだ…。

なんか普通にしんどいですね。いい加減疲れてきました。

かと言って僕は俗物 of 俗物なので周囲の目にはやたら敏感です。

出来る限り良い顔をしていたいです。

多分、競争環境に身を置いてるのは決して「流されてる」訳ではなく、自らが選択した結果なのだと思います。はい、そこは最低限責任持たなきゃですね…。情けなさ過ぎる(泣。

そんな私の最近のモチベーションは、「競争社会から抜け出した後、出来る限り心穏やかに生活する。そのために今頑張る!」ということです。言い換えれば、めっちゃ穏やかな老後を過ごして健康なうちにポックリ逝きたい!という事です(現在の年齢:23歳)。

アーリーリタイアとかではないですが、70とかになってまでは働きたくないですね。定年延長、これ以上しないでくれよな。

 

完全に妄想ですが、

今みたいに好き勝手モノを書いたり、

良い文章を書くために教養を深めてみたり、

農業に勤しんでみたり、

絵を描いてみたり、

たまに友人たちと駄弁ったり旅行に行ったり…

とかできたら最高ですね。あくまでも老後にですよ、老後に。

今出来ることはもちろん今やりますが、老後の穏やかな時間の流れの中でこれらをやりてぇなって話です。

 

目標に向けた行動を考えてみると、以下のようになります。

①若い世代に自分の後悔や知恵、経験を出来る限り継承する。強制するわけではなく、あくまでも選択肢の一つとして多様な可能性を提供できるようになる。(社会的自立、人間的成長、多様な経験、苦難、教養etc)

健康寿命を延ばすため、今の内から健康には気を遣う。(バランスの取れた食生活、適度な運動、健全な生活リズム、適度な?????ストレスetc)

③金は要り様なので、20代のうちから資産形成に励む。(資産運用、労働賃金の確保と向上etc)

うーんざっくりしてるな…。

まあ、自分なりに色々動いたりもしてるつもりです。割愛。

 

 

そしてここまで言語化してふと思ったのは、

「あれ、俺競争社会に揉まれるのそこまで嫌いじゃないんじゃね…??」

という事ですね。(どっちやねん)

というか、結局「社会的に良いとされてること(≒競争相手に対して優位なポジションをキープし続けること)」のベールをまとってる自分が好きなんでしょうね。だからこそイヤイヤ言いながらも頑張っちゃうわけで…。いつか破綻しそうな生き方ではありますが。

そもそも「他者」に対する認識をシフトする必要があるのかな…??

アドラーを読み直してみるか…。

 

周りに競争相手がいた方が自分を高めやすいのも事実ですしね。

競争社会の良い面にも目を向けつつ、社会人を楽しんでいけたらいいですね。

特にオチは無いですが、終わります。