物語の可能性を追求するブログ。

おすすめのコンテンツを自由気ままに発信していきます。自分の「好き」を少しでも多くの人と共有できたら嬉しいです。

私がThinkpad X1 carbon (2017)の購入を見送った3つの理由【2017年2月現在】

 

f:id:tsnormin:20170228161554p:plain

「4月から新社会人だし、この機会にパソコン買い換えようかな~。」

「でも俺機械音痴だし、パソコンの種類多すぎてよくわからんな…。どれ買えばいいんだろう…。」

「とりあえずこの重くて遅い大学生協パソコンから脱却したい…。」

 

 そんな私がThinkpad』 Xシリーズに行き着いた理由はこちら。

・周りのパソコン通から評判がいい。

・スペックに対する価格を考えた場合、コスパが良い(らしい)。

・ビジネスシーンで快適に使えるスペックの高さ

・軽い上に堅牢性が高いので、持ち運びしやすい。

・Officeを純正で使いたいしエロゲもしたいのでWindowsがよかった。

 

 そんなこんなで、時間に余裕のある今のうちにサクッと買っちゃおうかと思ったのです……が、しかし!

ビックカメラの超親切な店員さんと2時間弱話し合った結果、私は2017年2月時点でのThinkpad X1 carbon (yogaも可)の購入を見送ることにしました。今回は購入を見送ることにした3つの理由を書いていきたいと思います。

 

 私みたいな機械音痴がこんな記事書くのもどうかとは思うのですが、詳しい店員さんから聞いてるから信憑性は高いし、まあこれはこれでアリかなぁといった心境です(適当)。

 

 パソコン購入を…、さらに言えばThinkpad購入を考えている方に読んでいただければ幸いです。記事の内容がタイムリー過ぎて、情報としての価値がすぐに無くなりそうです。

 

▼理由1:内臓CPUの価格に関して

 CPUっていうのはコンピュータの制御や演算や情報転送をつかさどる中枢のことで、パソコンの中でもたぶんトップクラスに重要な部分です。

 

 いや、ほんと奇跡のようなタイミングだったのですが(笑、どうやらIntelのCPUに大幅値下げの動きがあるようです。値下げの要因は、競合のAMDがRyzenというCPUを、同程度のスペックで尚且つIntelより安く提供しだしたということ。

blog.livedoor.jp

 

 情報が錯綜しているのでどこまで信じていいのか分からない部分もあるんですが…。実際に店員さんに聞いてみたところ、日本でも値下げされる可能性は十分考えられるそうです。なんならもうRyzenを実装した方が早そうな気もしますけどね…(笑。

 

 値下げ幅はどうなるか未知数なのですが、パソコンを少しでも安く購入したい方はもう少し様子見してもいいんじゃないかなーと思います。

 

 ちなみにですが、パソコンの使用用途が

・ネットサーフィン

・Officeを使う

YouTubeで動画見る

くらいの私のような人間はcore i5で十分っぽいです。それだけでなく、高度な画像処理や動画編集をしたり、高機能なアプリとか入れるような場合は、core i7を検討した方がいいかも。

 

 

▼理由2:LTEがまだちょっと不安

 Thinkpadは2017年モデルからLTE対応にすることが可能になります。パソコンでは珍しいですよね。LTEをオプションで付けて、格安SIMとか契約しちゃえば、わざわざポケットWi-Fiとかにしなくても安価で屋外でのネット利用が可能になります。(普段固定回線でネットを使うような環境であれば、通信量も少なめに設定できると思います。)

 

 そんな便利なLTEなのですが、新機能なだけに、何かトラブルが起きないか不安です(笑。いやまあ、挑戦に失敗はつきものですからね。実際の使用感とか、機体の具合とか、もう少し様子を見てみようかと思ってます。

 

 

▼理由3:機体のカラバリ

Thinkpadと言えばブラックがお馴染みですが、3月下旬まで待つとシルバーが出ます。なんかMacbookみたいだな。

色みとしてはブラックの方が好みなのですが、シルバーの方が手垢とか指紋が目立たなそうな感じもしますよね。シルバーはシルバーで結構カッコいいし。カラーの選択肢を増やすという意味でも、購入はもう少し待とうかなーと思いました。

(画像はLenovoの公式HPより)

f:id:tsnormin:20170228161350j:plain

 

 

 

▼2016年モデルではダメなのか

 ダメとは言いません。むしろモデルが重なってる今なら2017年版より少し安く購入できます。しかし、2016と2017は、仕様の変更が大きいんですよね。以下にいくつか記しておきます。

 そういうわけで、よほど急ぎでなく、なおかつより快適にパソコンを使いたい場合は、2017を買った方が、長い目で見てより良い買い物になるのでは??と個人的には思います。

 

こちらのサイトの図が分かりやすいです。↓

thehikaku.net

 

 

〇液晶のサイズが同じなのに、外枠がよりコンパクトになっている

 パソコンの横幅×奥行を見てみると、2016モデルが「333mm x 229mm」なのに対し、2017年モデルが「323.5mm x 217.1mm」ということで、ちょっとコンパクトになっていることが分かります。また、重さも0.06kgほど減ってより軽量になっています。

 

 しかし、液晶サイズはどちらも14.0型なんですよね。下の画像を見てもらうと分かるのですが、液晶サイズを変えずに外枠の機体をギュッとコンパクトにしているわけなのです。

2016

 

f:id:tsnormin:20170228161723p:plain

2017

f:id:tsnormin:20170228161739p:plain

 

〇カラバリ

 こちらは既に書きましたが、シルバーという選択肢が生まれるのは2017からです。2016はブラックのみ。

 

LTE対応

 こちらも既に書きました。LTE対応も2017からです。2016にはありません。

 

〇新規格のポート

 「ポート」っていうのは、パソコンの脇とか後ろの方に付いてる接続口のことです。他のハードウェアと繋いだりするやつですね。

 そんでもって、2017から新たに実装されるのが「USB 3.1Type-C (Thunderbolt 3)」という新規格のポートです。なにやらデータのやり取りを高速化したりする凄いものらしいです。

f:id:tsnormin:20170228161940j:plain

 

 

新規格に関してはこちらも参考にしてみてください。

「USB PD」の詳細は? :USB Type-CとThunderbolt 3の“紛らわしい関係”をIDF 2015で整理する (1/3) - ITmedia PC USER

Thunderbolt 3とUSB Type-Cの関係性について調べた | HANPEN-BLOG

 

 新規格なので今はまだあまり見かけないのですが、今後は他のPCやスマホでもこの規格が導入されることが増えるようです。店員さんが熱心に語ってくださったので、どうやらこのポートは結構重要みたいです。

 

 

▼おわりに

 どうだったでしょうか。素人なりに頑張って語ってみました…。

個人的には調べれば調べるほどThinkpad購入欲が高まってしまったので、上記の条件がクリアされたらすぐにでもこのモデルを買おうかと思ってます!(笑

 

http:// http://www.lenovo.com/jp/ja/

 Lenovoのサイトで買うと特別なクーポンが適用されて、30%くらい安く買えるっぽいですね。

また、お店にも依るかもですが、一部の実店舗(Lenovo関係無しに)では、ここから更に割引がなされるパターンもあるようです。

「パソコンよく分かんないし、店員さんに詳しい話を聞きたい!」

「少しでも安く買いたい!」

っていう私のような方は、実際に近くの電器屋さんに赴いてみるといいかも。

 

 パソコン購入の参考にしていただければ幸いです~。ではまた。